植毛

Contents

自毛植毛の手術方法や術後の注意点

【自毛植毛の手術方法】
自分の髪の毛を植え付けるため拒絶反応もなく、定着率も高めとメリットが多い自毛植毛。
一体どのような手術を行うのかというと、毛包ごと移植するFU(Folicular Unit、フォリキュラー・ユニット)という方式で行います。
FUには2種類方法があります。
・FUE法
この方法は毛髪を頭皮の一部ごと一本一本くり抜き、植える予定の箇所に空けた穴にそのまま植え付ける方法です。
FUE法ではメスを一切使わないことが最大のメリットと言えますが、毛包が傷付やすい点や非常に時間がかかるというデメリットも存在します。
・FUT法
この方法は頭皮を切り取り、その頭皮から毛包を株ごとに分けた後に植えるという方法です。
FUT法を使えば毛包を傷つける可能性がほぼ無いため、確実な植毛が可能となる点が非常に大きなメリットと言えます。
しかしメスで頭皮を切り取る以上、縫合や抜糸などで術後のケアが必要な点がデメリットと言えるでしょう。
このどちらかが現在主流となっています。
【術後の注意】
自毛植毛手術をして終了ではなく、その後しっかりと定着させたかどうかで今後その毛が生えてくるかどうかが決まります。
そのため手術後はシャンプーなどで洗わずに軽いシャワーで済ませ、引っ張ったり刺激をなるべく与えず毛根が定着するのを待ちましょう。
ここでケアをしっかりし、大事に扱って新たな髪の毛を定着させましょう。

自毛植毛の定着率を低下させる原因

現在、自毛植毛は95%という高い定着率を誇りますが、それでも100%とはいえません。残り5%は定着をしない結果になりますが、どのようなことが原因で定着率が下がるのでしょうか。定着率が下がる原因のひとつには、移植時に毛根に傷がついたということが考えられます。移植時に切り取ったドナーは、人の手で移植が可能なように選定をされます。その時に毛根に傷が付いてしまうと、移植をしても健康な髪に育つことができません。これは医師による技量も関係してきます。限りあるドナーなので、無駄のない移植を行いたいですよね。その為にも技術力の高い医師によって自毛植毛を行ってもらえるように、クリニック選びにも注意が必要です。
また、いくら手術が成功をしたからといっても、元々の頭皮の状態が悪いと髪も不健康となり、移植をしてもしっかりと成長をしないということもあります。頭皮環境を悪化させる原因としては、タバコや、皮脂の原因ともなる脂分の多い食事などが上げられます。こうした頭皮にも体にも悪い生活を続けると、健康な髪は育たなくなります。自毛植毛もそうですが、自毛植毛以外の健康な髪のためにも、不摂生を行わずに健康的な生活を送ることが大切です。
さらに生活環境だけでなくストレスも頭皮の健康に影響をします。自毛植毛の定着率を上げる為にも、こうした頭皮の健康にマイナスになるような生活をなるべく送らないようにしたいですね。

危険なの?自毛植毛

薄毛治療のひとつである自毛植毛ですが、危険だと言う声も出ていて不安に思っている方は多いでしょう。実際にはどうなのでしょうか?自毛植毛と言うのは後頭部などに残っている自分の毛髪を皮膚と一緒に採取して必要な場所に移植するという外科手術を伴う薄毛治療法です。記述した内容のみを想像するとかなり大掛かりで危険だというイメージが付いてしまうものの、実際にはそれほど恐れることでは無くメリットも多い治療法であります。
一つは確実性です。この手術の成功率は95%で、ほとんどの確率で薄毛の解消につながります。これまでに育毛剤や発毛剤を使ってダメだったという方でも、個人差なく確実に薄毛が改善出来るというのは大きな魅力です。また、生えてくるのは自分の毛ですから違和感が無く年齢を重ねたとしても白髪が生えてきますので自然な仕上がりが見込めます。
さらにその後のメンテナンスも必要ないというのも嬉しい点であり、薬による治療であればどうしても断続的な投与の為にその都度診察や薬の代金が必要となってしまいますが、自毛植毛であれば自分の髪と同じでありますから一切のメンテナンスは必要ないのです。加えて人工毛と異なるため、拒絶反応で抜け落ちるなどと言った心配も無いでしょう。高い効果を挙げるなら、検討しておきたいのが自毛植毛です。

Pick Up

News List

2017年08月07日
知人にばれにくい自毛植毛の手術を更新しました。
2017年08月07日
自毛植毛を行う際に注意する事を更新しました。
2017年08月07日
確実に薄毛を解消したいなら自毛植毛ですを更新しました。
2017年08月07日
自毛植毛は何がすごいのかを更新しました。